スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病患者さんのトータルケア

2月15日、16日の土日で東京での“Total CERE Forum 2014”という講演会に参加してきました。

関東地方が雪で、午前~夕方の飛行機は欠航していました(13時位発のJAL便がようやく17時過ぎに飛ぶことができました)。

僕が乗る17時45分発のANAは約1時間遅れでの出発とはなりましたが、無事に東京に着くことができました。

東京に着くと、雪は残っていて寒かったですが、雨は上がっていました。

日曜日の講演会会場はホテル内の会場だったので移動は楽でした。

ホテルの窓から


糖尿病患者さんのトータルケアとは、糖尿病治療において、患者さんを中心とした様々な側面からの総合的なケアを目指そうという考えです。

その実践にあたっては、「Risk Care(リスクケア)」、「Lifelong Care(ライフロングケア)」、“Team Support(チームサポート)」、そして「Community Support(コミュニティサポート)」の4つのキーワードが重要と考えられています。

トータルケア講演会


まず1つめの「Risk Care(リスクケア)」とは、糖尿病の合併症予防には血糖だけでなく、血圧や脂質などの心血管リスクファクターの総合的な管理が重要であり、さらには、感染症や認知症、がんなどのリスクも高まるためにいろんな面を考慮する必要があるということです。

2つめとして「Lifelong Care(ライフロングケア)」も重要であります。

リスクケアに際し、長い目で見て患者さんの人生全体を考え、QOLの維持・向上を目指すといくことです。

第3のキーワードは、リスクケアやライフロングケアを実践するために“Team Support(チームサポート)」です。

これには、医師や看護師、栄養士などの多職種によるサポートだけではなく、糖尿病内科と眼科、腎臓内科、循環器科、神経内科、さらには心療内科など診療科同士の連携が大事ということです。

第4番目は「Community Support(コミュニティサポート)」です。

糖尿病の治療には、常に日常生活の中で一定の管理が必要で、やはり家族のサポートが効果的であることは明らかでありますが、福祉や介護といった患者さんを取り巻く社会環境を整備して地域全体が1つのチームとして、糖尿病患者さんを支えていくことも大切なケアになります。

そして、患者さん同士が支え合うこともコミュニティサポートになります。

これら4つのケアやサポートの考えを元に、総合的なアプローチによって、糖尿病患者さんのトータルケアをやっていくことが今後重要になると思います。

糖尿病治療に関わる、僕達、医師や看護師も日々成長していき、レベルアップをしなければなりません。


追伸

僕のクリニックのコンセプトも“Total Medical Care(トータルメディカルケア)”です。

「さまざまな疾患の治療はもちろんのこと、

抗加齢学の考えに基づいた

“見た目のアンチエイジング”(美容内科的治療)&“体の中のアンチエイジング”(病気の予防医療)

を提案しています。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。