スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾン療法(血液クレンジング)について

オゾン療法(血液クレンジング)とは、補完代替医療のひとつで、オゾンガスを使って自分の血液を活性化し、それを体内に戻すことで体全体の細胞を活性化する治療法です。

エリザベス


もともと人体に備わっている自然治癒力を強化する治療と考えていいと思います。

前期反応として、活性酸素種が

①酸素運搬の改善(赤血球)

②免疫活動の向上(白血球)

③オータコイドと成長因子の放出(血小板)

後期反応として、過酸化脂質代謝物が

①一酸化窒素(NO)放出の増加(内皮)

②スーパー赤血球の産生・幹細胞の活性化(骨髄)

③抗酸化力を増強

などの作用が考えられています。

これらにより、

・疲労の予防、活力の回復が促進される。

・肩こりや冷え症が改善する。

・血液がサラサラになる。

・活性酸素を消去し、ストレスを解消する。

・新陳代謝を盛んにするため肉体的、精神的に若返り、アンチエイジング効果がある。

・免疫細胞を活性化させ、病気の治癒を促進し、再発を予防する。

・抗がん作用がある。

・多幸感を感じる(抗うつ効果)。

以上から、オゾン療法(血液クレンジング)を受けるべき人は(赤坂AAクリニック院長森吉臣先生の著書から)

病気の治療は血液クレンジングから


・健康な人がさらに健康になりたい人

・病気や老化を予防したい人

・病気治療の目的の人

・スポーツ能力向上目的の人

・美容目的の人

と言われています。


きさぬきクリニックではオゾン療法(血液クレンジング)を始めてちょうど2年が過ぎようとしています。

僕は、“病気にならず、若々しい元気な健康を維持する内科的治療”を実践していきたいと考えています。

もちろん、病気の治療はしっかりとしなければなりませんが、

“病気にならないための予防治療”のこともみんなで積極的に考えなければいけないと思っています。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。