スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー三昧

23日と24日の2日間で3つのサッカーの決勝戦がありました。

まずは、J1昇格を目指す大分トリニータとジェフ千葉との決勝戦です。

J2は今年から1位と2位はJ1に自動昇格で、3位~6位がトナーメント方式で優勝したチームが本当のJ2の3位となり、昇格するというシステムになりました。

このシステムでJ2がおもしろくなりました。

まずは3位と6位、4位と5位が対戦します。

引き分けならリーグでの上位チームの勝利という条件がありました。

しかし、第1戦目はどちらも4対0で、大分トリニータとジェフ千葉が勝ち上がりました。

その決勝戦は、前半からジェフ千葉が押していましたが、後半引き分けでは優勝できない大分トリーニータが攻撃的な選手を5人並べる作戦にでました。

後半の残り10分ないくらいの時に、FW林選手がキーパーとの1対1からループシュートで決めて大分トリニータが優勝しました。

大分トリニータ優勝テレビより
(テレビより)

下剋上です!

この林選手は京都パープルサンガ時代に大分トリニータをJ2に降格させるゴールを決めたことがあり、今回は大分トリニータをJ1に昇格させるゴールを決めました。

因果な感じで、面白いですね!!

その日は、熊本の高校サッカーの決勝戦が大津高校とルーテル学院の対戦もありました。

夏のインターハイ予選第1回戦で敗れたルーテル学院は、1ケ月間走り込みだけをやったそうで、大津高校はこの決勝戦に勝てば何年ぶりかの3冠となるそうです。

試合は、押しつ押されつの試合で、延長戦までもつれ込み、延長大津高校のフリーキックがルーテル学院のバックスの頭をかすめてそのままゴールに吸い込まれ、1対0で大津高校が優勝しました。

24日はJ1の優勝チームがサンフレッチェ広島に決りました。

サンフレッチェ広島優勝新聞より
(新聞より)

サンフレッチェ広島が4対1でセレッソ大阪に勝利し、ベガルタ仙台がアルビレックス新潟に0対1で敗れたためです。

サンフレッチェ広島はJリーグ創設時からのチームですが、今まで3大タイトル(リーグ戦、天皇杯、ナビスコカップ)で優勝したことがなかったそうです(昔ファーストステージ、セカンドステージをやっていた時はファーストステージで優勝したことはありますが、年間王者を決める試合では負けています)。

2日間で3試合の決勝戦、サッカーを楽しめました。

サッカー三昧でした。

ところで、3チームとも青や紫といった寒色のユニフォームチームが優勝しました。

ちなみに僕が代表を務めていた“DM UNITED”(Doctor&MR:製薬メーカー&MS:薬品卸メーカーが融合したという意味)チームのユニフォームも水色で寒色でした。

DM UNITEDチームユニフォームナンバー14

番号は、僕の大好きな憧れのヨハンクライフの番号14番です。

これから僕は“超攻撃的センターバック”という気持ちでがんばります!!。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。