スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運がいい!!

皆さん、「月暈」って知っていますか?

読み方は、“つきがさ”または”げつうん“です。

10月29日の夜たまたまウォーキングに出ました。

11月4日に1年ぶりのゴルフコンペがあり、少しでも足腰を鍛えようと思ったからです(足腰を鍛えるにはすでに遅い(笑))。

そして、夜空を眺めたら、月の周りに光の輪ができていました。

とても神秘的で、不思議な現象だったのでしばらく眺めていました。

カメラを持っていなかったので写真は摂れませんでした。

そうすると、次の日の熊本日日新聞の夕刊に同じ写真が載っていました。

月暈
(熊日夕刊の写真から)

“月暈”とは、月の周りを光の輪が囲む気象現象だそうです。

月からの光が薄雲を通り抜ける際に、雲を形作る氷の粒がプリズムとして働き、光が屈折して発生するそうです。

記事の中で、「今回は満月に近くて光が強く、均一な薄い雲が長時間続いたため、美しい暈(かさ)が発生する好条件となった」ということです。

本物を見ることができた僕は幸せでした。

そしたら、以前に福岡の宗像大社に友人たちと出かけた時に太陽にも同じ現象があったことを思い出しました。

その際は、カメラを持っていたので撮影しました。

日暈

これは、「日暈」(ひがさ、にちうん)というものらしいです。

その時、僕は“太陽の周りに虹ができているのかな”と思っていました(笑)。

今回で、太陽と月の二つの「暈」を見ることができてとても運がいいのだろうなと思いました。

ちなみに、毎月1日は朝から近くの神社に参ってから仕事に行きます。

昨日11月1日、おみくじを引いたら、大吉でした(笑)。


追伸です。

昨年秋に宮崎の鵜戸神宮に参った時に撮った雲の写真です。

鳳凰or龍の顔様雲

「鳳凰」か「龍の顔」に見えませんか?

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。