スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴボウ茶

最近、南雲吉則先生の本が売れています。

先生は56歳だけど30歳台に見えます。

先生の若返り術にはいくつかあり、

①激しい運動はしてはいけない(ウォーキングが理想、あとは電車やバスで座らないなど)

②22時に寝て4時に起床する(若返りのホルモンの成長ホルモンが分泌されます。)

③ベジタリアンである(タンパク質は大豆製品から摂る)

④1日夜だけ好きなものを腹6分で食べる(カロリーリストラクションと同じ考えで、長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子が活性化される)

⑤食材は完全栄養のため丸ごと食べる(米は玄米、魚は丸ごと、野菜は葉も皮も根も、果物も皮ごとガブリ)

などあります。

“ゴボウ茶を飲む”というのも若返り術の一つです。

ごぼうの皮に“サポニン”というポリフェノールが含まれ、ゴボウ茶にはサポニンがたっぷりと溶け出し若返りのエキスとなっています。

そのサポニンの効果には、

①脂肪やコレステロールを分解・排泄させる働き、

②皮脂が減り、抗酸化作用・創傷治癒作用により肌の修復力を高めて老化の進行を抑え、肌がツルツル、きめが細かくなるなどの美肌効果があり、

③抗血小板作用があり血液がさらさらになることで抗動脈硬化作用、血行をよくし冷え症改善する働き、

④抗菌防虫作用により免疫力をアップさせる働き、

⑤がんの予防効果があるということです。

だから、ゴボウ茶は美容によし健康によしの万能薬ということです。

南雲先生は40歳半ばから飲んでいるということです。

みなさんもゴボウ茶を飲んでみられるといいですよ。

ちなみに僕は飲んでいます。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。