スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフォートゾーン(快適な居場所)

先日は久しぶりにゴルフの練習に行ってきました。

なかなか時間が取れなくて、ゴルフは当然ながらゴルフの練習にも行くことがなかったです。

筋トレに行くか迷いましたが、気候も良くなったのでゴルフの練習を楽しくやってきました。

ここで“コンフォートゾーン(快適な居場所)”という考え方を知っていますか

いろいろな方が表現は異なりますが、皆さん同じ考え方を述べています。

ゴルフをやった方なら経験があると思いますが、例えば前半にスコア45前後を出した時に、後半にくずれて50台後半を出し、100を切れなかったりしたことがあると思います。

それは、元々スコアの良くない方は、前半の45というスコアを出した時に、「今日はなぜか調子がいいな」とか「まぐれなのかな」とか思ってしまい、スコアがいいことに、脳が“居心地が悪い”と感じてしまい、いつものスコアが悪い状態に戻ってしまう、つまり、現状ではその方の居心地がいい場所(コンフォートゾーン)に戻ってしまいます。

ところが、ゴルフの上手い人は、スコアが悪いと悪いことに居心地が悪いため、結局はいいスコアであがってしまいます(いいスコアがコンフォートゾーンなんです)。

また、エルメスなどの高級ブランドの店に行きつけ出ない人が入ってしまうと、そわそわしてしまい、居心地が悪く、すぐに出て行こうとする(僕だけですか(笑))、これもコンフォートゾーンという考え方です。

だから、自分を変えたい、自分の理想像に近づきたいと思うなら、コンフォートゾーンをより上のレベルに変えると“なりたい自分になれる”ということです。

そういう人達やそういった場所の波動に自分の波動が合ってくるということです。

ダイエットに関してもそうです。

痩せて自分の理想の体重になった時に、その体重がその人のコンフォートゾーンになると、少し太ったとしても、太った体重に居場所が悪くて、すぐに糖質制限や運動により理想の体重に戻すことができるようになります。

コンフォートゾーンという考え方で自分をレベルアップしましょう!!

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。