スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴォイストレーニング(ユキコヴォイス)

以前に、ヴォイストレーニングを習ったことがありました。

自分の声は“とおる”声ではないので、一度ヴォイストレーニングを受けてみたいと思っていました。

たまたまあるセミナーで講演を頼まれたこともあり、ヴォイストレーニングをしたいなと思っていたら、熊日新聞の夕刊に夜の19時から21時までという僕が行きやすい時間に開催される広告が目に入りました。

講座名はユキコヴォイスというもので、ストレスにも強くなると書かれてあり、それもメンズコースだったので迷わず申し込みました。

軽く運動ができる恰好とタオル、そしてティシュペーパーがあるとよいと書かれてありました。

実際に受講してみると普通のヴォイストレーニングとは異なっていました。

ユキコ先生の考えは、体をひとつの楽器と考えます。

まずは、寝ころび、おなかの辺りを触り、ため息をしながら、“ガス抜き”をします。

そして、ため息しながら、首から上を触ります。

声を出しながら、べろを動かしたり、腕を前に突き出したり、キックをしたり、声を遠くまで届かせたりします。

その他、いろいろ身体全体を使ってのヴォイストレーニングをしました。

始めは戸惑うこともありましたが、メンズコースだったので恥ずかしさも少しだけで、月に2回計8回続けました。

そうすると、始めはできなかったこともできるようになります。

やはり継続は力なりです。

ヴォイストレーニングの効果もあり、セミナーは好評でした。


追伸です。

この前、そのユキコ先生がクリニックに遊びに来られました。

イギリスにヴォイストレーニングのことで行かれたそうです。

昨日は「身体年齢を測定したら、18歳だったわ」と嬉しそうに電話がありました。

声楽家の方は見た目が若い人が多いような印象があります。

ヴォイストレーニングはアンチエイジングになるのでしょうね。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。