スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット検定試験

11月28日(日)にダイエット検定試験を受けました。

日本ダイエット健康協会主催の検定試験です。

日本ダイエット健康協会は“健康的で正しいダイエット知識の普及と発展”を目的に2008年12月に設立されました。

検定試験には1級と2級があります。

2級を合格しないと1級は受けられません。

しかし、同日両方の試験を受けることができます。

だから僕は2級と1級の検定試験を受けました。

試験勉強をしていると知識の系統だったまとめができて勉強になりました。

その中のひとつです。

糖質はまずは血液の中に血糖(グリコーゲン)という形で蓄えられ(20g)、それを超えた分は筋肉中(骨格筋)に蓄えられます(200~250g)。

それを超えると肝臓へ蓄えられ(150~200g)、これを超えた分が脂肪細胞の中に中性脂肪という形で蓄えられます。

これが太るメカニズムです。

だから、ダイエットするには糖質(炭水化物)を減らさなければなりません。 

また、タンパク質は身体の元なので普通では太りません。

そのため、ダイエットを考える時は、糖質(炭水化物)を減らし、タンパク質を摂取することをすすめています。

もうひとつは、“過度な飲酒によって体脂肪が増えるメカニズム”です。

アルコールも1gあたり7.1kcalで、糖質も含まれるため過度に飲むことによって太るのかなと思っていました。

しかし、肝臓が優先的にアルコールをアセトアルデヒドに分解することで、通常肝臓で行われるべき“グリコーゲンの貯蔵”という働きが後回しになり、食後の余った血糖が脂肪細胞に中性脂肪として蓄えられるために、太りやすくなります。

だから、お酒の飲み過ぎはいけません。

ダイエット検定試験を受けて、とても勉強になりました。

しかし、午前中1時間、午後から1時間試験のため集中したため、試験終了後はくたくたでした。

以前に他の試験を受けた時より、疲れ具合がひどかったです。

試験を受けるにも体力が必要です。

だから、みなさん、試験は若いうちに受けることをおすすめします(笑)。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。