スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの霧島旅行

10月30日の同窓会霧島旅行の後で、同級生と別れた後、霧島神宮参拝に行きました。

霧島神宮には、僕が20歳の時、幼馴染のN君と鹿児島からの初詣ツアーに参加した際に参拝した時以来です。

この初詣ツアーは、鹿児島市内を午前0時くらいに出発して霧島神宮で初詣してから高千穂の峰に登り初日の出を見て、温泉に入って戻ってくるというツアーでした。

車で大鳥居をくぐり、第一駐車場に止めて参拝開始です。

まずは鹿児島市内の方向が見える展望台がありました。

霧島神宮展望台から鹿児島市内方向

僕は高い場所から遠くを眺めることが大好きです。

ただ高いところから遠くを眺めるだけで心が洗われる気がします。

そして、三の鳥居をくぐり、しばらく行くと右手に樹齢800年のご神木がありました。

霧島神宮ご神木

今回は残念ながら“勅使殿”が改修工事のため見ることができませんでした。

ご本殿です。

霧島神宮ご本殿

拝殿の前でお参りをして、おみくじを買いました。

中吉でした。

大吉の場合は記念に持って帰ることにしています(笑)。

参拝が終わりに駐車場向かう途中に“さざれ石”がありました。

霧島神宮さざれ石

日本国国歌“君が代”にうたわれている“さざれ石”です。

霧島神宮を後にし、高校の同級生S君のおすすめの霧島東神社に向かいました。

霧島東神社は“才能開花にご利益のある”パワースポットと言われています。

神社に向かう途中が霧で見通りが悪くなっていました。

さすが“霧島”だなと思いながらわくわくしながら向かいました。

御池の近くにあるはずでしたが、霧のため御池を見ることはできませんでした。

霧島東神社への道は狭いところもあり、離合が難しいと思われる場所もありましたが、不思議と対向車がきませんでした。

駐車場に着くと車が数台止まっていました。

大鳥居をくぐると右手に霊水としての神龍の泉「忍穂井(鏡井)」がありました。

そして石段をしばらく登っていくと頂上あたりに大きな杉の木2本の間しめ縄をかけた“鳥居”みたいな場所があり、そこをくぐって本殿に進んでいきました。

霧島東神社鳥居風二本杉

霧がかかった本殿は神秘的でした。

霧島東神社ご本殿

ご本殿からの御池方向の風景です。

霧島東神社ご本殿からの風景

おみくじを買ったところ今回は大吉でした。

霧島は皇居、富士山、伊勢神宮から連なる“レイライン”だそうです。

帰りの道でも不思議と対向車に会わずに幹線道路に出ることができました。

今回の霧島旅行では同級生達からと二つの神宮・神社からエネルギーをもらったような気がしました。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。