スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の学術講演会参加

10月6日(土)の夜は熊本市内科医会の学術講演会がありました。

講演1はあけぼのクリニックの田中元子先生による「糖尿病性腎臓病(DKD)の新しい概念と治療戦略」でした。

田中元子先生は熊本大学医学部時代の同級生です。

糖尿病性腎臓病は、糖尿病に起因し、新規に血液透析を導入する患者さんに最も多くみられる慢性腎臓病(CKD: Chronic Kidney Disease)です。

慢性腎臓病は、放置すると腎機能の低下とともに末期腎不全となり、最終的に慢性透析療法や腎移植が必要となります。

腎機能低下には、過剰な酸化ストレス及び炎症が関与することが知られています。

そして、現在糖尿病性腎臓病に対して、酸化ストレスを抑えるバルドキソロンメチルという薬剤が治験中だそうです。

“バルドキソロンメチルは、体内のストレス防御反応において中心的な役割を果たす転写因子Nrf2 を活性化する低分子化合物です。広範な抗酸化ストレス及び抗炎症作用により、腎機能を改善させると考えられます。実際に、国内で実施された第2 相臨床試験(TSUBAKI 試験)では、バルドキソロンメチルがイヌリンクリアランス法により測定したGFR(腎機能)を明確に改善することが示されました”という報告があります。

他に、SGLT2阻害薬の大規模臨床試験でも、腎保護作用があることが言われています。

また、ビタミンDの投与でも抗酸化作用で改善する報告があるそうです。

でも、やはり今まで通りに、糖尿病性腎臓病の治療には血糖や血圧、そして脂質管理など集学的治療が必要です。
(尿中微量アルブミンのコントロールすることで動脈硬化を減らすことが報告されています)

会場写真


講演2は京都大学iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門教授の長船健二先生による「iPS細胞を用いた糖尿病に対する再生医療開発に向けて」でした。

京都大学の山中伸弥先生がiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞して以来、急速に研究が進行しています。

難しい内容でしたが、膵前駆細胞(膵芽細胞)を作成したり、3次元培養をして膵臓の組織を作りカプセル化(ホッカイロ位の大きさ)してそれを自己免疫を起こさないように移植することなどを考えられているようです。

3~4年後には1型糖尿病に対しての治療を目指しているそうです。

だから少しでも長生きすると、いろんないい医療が受けられるようになると思います。

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。