スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病と歯周病について

糖尿病と歯周病について

口腔ケアにより口の中をきれいにして歯周病を予防すると、心筋梗塞、糖尿病などの全身疾患の悪化や高齢者の誤嚥による肺炎の発生を防ぐことが知られるようになってきました。

① 糖尿病から歯周病への影響

糖尿病で高血糖状態が続くと免疫反応低下して、感染症にかかりやすくなり、細菌感染を原因とする歯周病にかかるリスクが高まると言われています。

② 歯周病から糖尿病への影響

歯周病により、歯茎の中で作り出される“炎症性物質”は、血糖コントロールをするホルモンであるインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させる可能性があります。

2型糖尿病の患者さんでは歯周病の治療を行うことで、インスリン抵抗性が改善することが報告され、糖尿病の血糖コントロールに歯周病治療が重要であります。

以上のように、糖尿病と歯周病は相互に悪影響を及ぼし合います。

そのため、糖尿病と歯周病を同時にきちんと治療をしていけば、必ず双方に良い影響を与え合うことになります。

今後、糖尿病と歯周病について、南熊本の”やまさき歯科”と医科歯科連携をしていきたいと考えています。


満開の桜

満開の桜です

コメントの投稿

Secre

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。