スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンフォチアミン(旧ビオトーワ)について

1年位前に、岡崎公彦先生の“がんの特効薬は発見済みだ”という本を知り合いから教えてもらいました。

がんの特効薬は発見済みだ!


ベンフォチアミン(旧ビオトーワ)(ベンズアルデヒド)ががんの治療や予防に効果がある(抗チロシン療法)ということでした。

細胞の発がんや増殖には、細胞内でチロシン・キナーゼという酵素が関わっています。

このベンズアルデヒドが、チロシンと似た構造であるため、がん細胞の基質受容体がベンズアルデヒドをチロシンと誤認して受容してしまいます。

そのため、発がんや増殖のプロセスに関与しているチロシン活性を低下させることで、ひいては発がんのプロセスが停止します。

これがベンズアルデヒドによる制がん作用メカニズムです。

正常細胞には害を与えることはないようです。

東京にある腫瘍内科クリニックのHPには、がんの治療、再発予防、発症予防に効果があり、また、末期がん患者に対する有効率は実に55%の効果があると書いてありました。

このベンフォチアミン(旧ビオトーワ)による抗チロシン療法も、代替医療のひとつとして考えてもいいのではないかと思います。

もちろん、がんになったら、外科手術、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の三大治療法を初めに考慮する必要があります。


きさぬきクリニックでも、ベンフォチアミン(旧ビオトーワ)の処方をしています。

詳細はご相談下さい。

コメントの投稿

Secre

ベンフォチアミンについて

東海クリニックでベンフォチアミンを頂いていたのですが、先日行ったら休院?閉院?されたとの事でしたので、熊本市内の医療機関をいろいろ検索して、ここに辿り着きました。きさぬきクリニックでもベンフォチアミンを頂く事はできるのでしょうか?

コメントありがとうございました

東海クリニックは本年2月12日で閉院したようです。そのため、東海クリニックに通院されていた患者さんが少しずつ来られています。当クリニックでもベンフォチアミンの処方をしていますので、よかったら受診されて下さい。
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。