スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ同窓会(教授就任お祝い会)

8月21日(金)に医学部の同級生の平野君が杏林大学脳卒中センターの教授に就任したため、お祝い会が開催されました。

同級生では初めての教授就任でした。

まずは、熊本内科医会主催の講演会がありました。

講演会風景


演題は「実臨床に役立つ心房細動のみかた~2次予防の立場から~」でした。

塞栓性脳梗塞(血液の塊が流れていき、血管が詰まる)の予防に使われます。

経口抗凝固剤のNovel oral anticoagulant (NOAC)という薬についての話でした。

それまではワーファリンという抗凝固剤が主流でしたが、この薬は、毎回血液検査のPT-INRを測定しながら、量を調整しないといけませんでした。

しかし、NOACは毎回血液検査をする必要がなく、年齢や腎機能などにより、少し薬の量を調整する必要がある程度です。

ワーファリンでたまに認められた脳出血のリスクも軽減しているようです。

でも、ワーファリンにはビタミンKという中和薬がありましたが、NOACには今のところないため、出血を起こすと病状がひどくなる可能性があります。

現在、開発中のようではありますが・・・。

講演会の後、上通りのお店を貸し切って、平野教授のお祝い会がありました。

35名も集まったので、プチ同窓会にもなりました。

西山先生挨拶

赤嶺先生挨拶

平野教授挨拶


卒業以来会う同級生もいました。

お祝い会風景


同じテーブルでの記念撮影


その中に、ヨーロッパを10日くらいで回る卒業旅行を一緒に行った福泉君もきていました。

ふっくんと記念撮影


とても懐かしかったです。

それにしても、みんなほとんど学生時代と変わっていないような感じでした。

そして、学生の頃に戻った感覚になりました。

平野教授同期入局先生一同


最後の万歳三唱は、熊本大学脳神経外科の準教授の矢野君が指名されました。

矢野先生万歳三唱

来年は川上さんの還暦のお祝いで集まることになりました。

やはり、同級生はいいものですね!!

集合写真


スポンサーサイト
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。