AICS(アミノインデックスがんリスクスクリーニング)

みなさん、“AICS”って知っていますか?

AICSとは、わずか5mlの採血だけで、簡単にがんの可能性が調べられる「アミノインデックスがんリスクスクリーニング(略して、AICS)という検査方法です。

AICS記事(週刊文春2012年9月27日号)

健常人のアミノ酸濃度と比べて、がん患者でのアミノ酸濃度のバランスが変化することが報告されています。

AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健常人とがん患者のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんに罹っているリスクを評価する検査です。

例えば、胃がんではアラニン・バリン・ロイシン・ヒスチジン・トリプトファン・リジンなどが減少し、肺がんではグリシン・ヒスチジンが減少、セリン・オルニチンが増加します。

AICSでの解析対象となるがんの種類は、胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんです。

AICS値でランク分類(A:0~4.9、B:5.0~7.9、C:8.0~10.0)をして、がんであるリスクを評価します。

ランクAで、有病率0.003~0.07%、8000人に2.5~5.3人、ランクBで、有病率0.13~0.21%、1500人に1.9~3.2人、ランクCで、0.40~1.02%、500人に2.0~5.1%です。

AICS値が多きいほど(ランクA→ランクB→ランクC)、がんのリスクが高くなります。

ランクCに判定されたから必ずがんであることではありませんが、がんである可能性が高くなるために、形態学的検査(エコー、CT、MRIなど)が必要になります。

検査時の注意点としては、

・検査時は食事後8時間以上あけて、午前中に採血を行います。

・アミノ酸のサプリメントやアミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事と同様に控える必要があります。

・妊娠されている場合は、AICS値に影響があるため、検査は受けられません。

があります。

当クリニックでも検査をしていますので、ご気軽にご相談下さい。

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive