スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美肌になる栄養

分子整合栄養医学のMSSからの栄養療法通信の中に“「皮膚のトラブルでお悩みの方」、栄養状態を見直してみませんか?”という記事がありました。

皮膚の再生には、多くの栄養素が必要です。

例えば、

①コラーゲンの材料としてはタンパク質と鉄とビタミンC、

②細胞の分裂と分化には亜鉛とビタミンA、

③水分を保つためにはコンドロイチン硫酸、

④皮膚の代謝をよくするのにビタミンB群

が必要です。

血液検査で、基本的な健康状態のほか、詳しく調べれば、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素で足りないものは何かということも分かります。

そして、足りない栄養素を知り、その栄養素を食事やサプリメントで補充しようというのが、“分子整合栄養医学”です。

また、クロワッサン9月10日号「美しい年齢肌は、自分で作る」の中で、分子整合栄養医学を実践されている青山研美会クリニックの美容皮膚科医阿部圭子先生と作家の林真理子さんとが「カラダの中から、美しい年齢肌はつくれる」という対談をされていました。

対談の中で、

①若く美しい肌をつくる方法はいろいろあるが、内からハリがないと、肌はきれいにみえない。そのためには必要な栄養素を充分に摂って、生活習慣を改善していくことがとても大切である。

②基本的に健康でも、よりよく、より美しく生きるためには足りないものがある、と考える。例えば厚生労働省が推奨する1日のビタミンC摂取量は100mgですが、美容の観点からは、1日2000mgは摂りたい。

③実は40歳以上の多くの女性は、亜鉛不足がある。亜鉛は細胞分裂に最も必要なミネラルで、肌の新陳代謝やコラーゲン生成のためにも欠かせない。

④お酒は、ワインはグラス2杯、ビールは500ml以内が、美容的な目安です。

⑤栄養は摂るだけでなく、きちんと吸収させるためには、乳酸菌が入った無糖のヨーグルトなどを食前に食べ、胃腸の調子をよくしておかないといけない。

⑥血糖の急激な変動は身体の不調を招くことがあり、血糖値を安定させるために、1日3食+間食3回という食習慣もよい。

身体は、肌も含めて食べたものでつくられます。

だから、栄養にも注意が必要です。

そして、美肌をつくるのには努力が必要です。

“ローマは1日にしてならず”です。
スポンサーサイト

夏の思い出1

お盆休みに家族と義母と次男のお友達と一緒に阿蘇に遊びに行きました。

葉祥明阿蘇高原絵本美術館に“太鼓集団「響(HIBIKI)」”の演奏会があるということで聴きに行きました。

阿蘇葉祥明美術館

「魂(まぶい)の音探し-つながり!つなげて!はばたきたい!-」という西日本ツアーin 九州の一環の中での演奏会でした。

演奏会の前に、美術館の中庭を散策しました。

ブルービー絵

 
中庭には“Blue Bee”がいました。

ブルービー人形


“Blue Bee”は幸せを呼ぶハチと呼ばれています。

正式名は“ルリモンハナバチ(ミツバチ科)”です。

その横のバジルの花壇によく見ると本物の“Blue Bee”がいました。

ブルービー本物

また、蝶々が2匹、楽しそうに、幸せそうに仲良く飛んでいました。

蝶々が2匹仲良く


そのあと、“ジェイクの丘”の方に行きました。

ジェイクの丘


立派な一本の木がありました。

ジェイクの丘の一本木


木の名前は知りません。

その左側に行き、少し下ると小さなステージもありました。

ジェイクの丘の舞台


そこに立ち上を見上げると幽体離脱するような気持ちになりました。

舞台から空を眺めた風景


そして、いよいよ和太鼓の演奏会が始まりました。

”響”和太鼓演奏中


心が洗われるような音が響きわたりました。

広い草原で、音楽を聴くことは気持ちいいです。

その後、20数年振りに草千里に行きました。

阿蘇草千里


そこから阿蘇山の火口が遠くに見えました。

阿蘇山火口

阿蘇山の火口に行ったのは、30年前の19歳の時だったと思い出しました。

雄大な阿蘇山、そして、心が洗われるような景色と音楽、自然や小さな動物たちとの触れ合い、とても善きお盆休みでした。
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。