スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイズクリスマス例会

12月20日に僕が所属している熊本みなみワイズメンズクラブのファミリークリスマス例会が上乃裏通りの“さくらさくら”で開催されました。

昔の蔵を改築して作ったような建物です。

夏の“ファミリービアパーティ”にはクリニックのIさんが参加したのですが、今回はKさん(と誠人)を連れていきました。

これには理由があります。

それは、Kさんのお婿さがしも兼ねて、いろいろな方を紹介していただくために参加してもらいました。

ワイズクリスマス例会・ビジター紹介)

特に、堀ワイズ&メネットに紹介したかったのです。

堀ワイズはELLE39(エルサンク)というジュエリーのお店を安政町の国道3号線沿いに出されています。

クリスマス例会の1部の司会は犬童ワイズ、2部は内村ワイズでした。

催し物として、まずは堀ワイズのギターの生演奏がありました。

堀夫婦ギター生演奏&熱唱
(堀ワイズ&メネット共演)

楽器ができるといいなと思いました。

あとは人間ポーカーゲームでした。

首からかけられる大きなトランプのカードを選び、5人で手をつなぎ、5人の組み合わせがワンペア、ツーペア、フルハウス、ストレート、ストレートフラッシュなどで勝敗を決めるというゲームです。

かなり盛り上がりました。

最後は恒例のチャリティオークションです。

今回は寺田ワイズが進行役でしたが、とてもはまり役で順調にオークションが進みました。

チャリティーオークション寺田ワイズ

子供達にはYMCAスタッフのサンタとトナカイからプレゼントがありました。

工藤さん&誠人&僕

とても楽しいファミリークリスマス例会でした。
スポンサーサイト

ますます・・・

12月18日に以前勤務していた国立療養所三角病院の時にお世話になった深草事務長(当時)が突然自宅を訪れました。

確か国立療養所三角病院を最後に定年退職されました。

深草事務長には、長男が小学生の時にとてもかわいがっていただきました。

早朝散歩している時に大クワガタを見つけて捕まえてきてくれたり、B&Gのプールに連れて行ってくれたりと、ほんとうにかわいがっていただきました。

年賀状のやりとりはしていましたが、なかなかお会いする機会もなかったです。

今年の“第23回熊本シルバー作品展(熊本県高齢者スポーツ・文化の集い)”の工芸の部に「木彫りのマス」を初出展していきなり“銀賞”を受賞したそうです。

木彫りマス2匹横から

ご自身でも驚いたそうです。

そして来年の宮城でのねんりんピックへの出展が決まりました。

木彫りはいずれ仏像を彫りたくて70歳前に始めたようで、まずは師匠さんから魚の“マス”を作成することを言われたそうです。

そしてその“マス”が出展したところ、思わぬ“銀賞”を受賞し、いろいろ問い合わせや注文が増えて忙しくなったそうです。

そのため、なかなか時間が作れなかったようですが、僕のクリニックの正式開院のお祝いのために今年中に間に合うように作られたそうです。

“マス”が2匹で、“マスマス”栄える、“マスマス”商売繁盛、“マスマス”患者さんが増えるなど、ユーモアを交えた言葉と一緒に木彫りのマスを作成し、わざわざ自宅まで持ってきてくれました。

木彫りマス2匹上から

自宅で一緒に記念撮影をしました。

深草事務長と全身写真

本当にありがとうございました。

クリニックでも2匹のマスが元気に泳いでいます。

クリニックで泳いでいます

これからみなさんも“ますます・・・”ましょう!!

クリスマスに贈る!

12月3日(土)にシャワー通り商店街のイベントとして“キャンドルナイト”が催されました。

キャンドルナイト1

シャワー通りの近くにある通称“三角公園”で夕方から開催されました。

ろうそくの光がほのぼのとして、また、心に響くように光っていました。

キャンドルナイト2

外側のグラスが色とりどりなのでとてもきれいでした。

あるコーラスの女性達が歌を歌っていました。

キャンドルナイトサンタ

その前でサンタクロースが踊っていました。

今日はクリスマスイブです。

恋人、友人、夫婦、家族達が幸せに過ごすのでしょうね。

メリークリスマス!!

ダイエット検定2

11月27日(日)に受けたダイエット検定試験の結果が送られてきました。

やった~!、2級&1級ともに合格していました。

結構ダイエット検定試験2級は難しく、正確に答えられない問題がありました。

例えば、“カロリーコントロールについて”では、簡単に言うと“摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスをコントロールする。消費エネルギーの方を多くすることで、不足分を体内の脂肪分で補う、すなわち減らすことができる”ということです。

具体的には、「摂取する側=食材やメニューの熱量」と「消費する側=基礎代謝や日常生活・スポーツなどの活動代謝の熱量」を算出し、比較してコントロールしていく手法です。

僕はこの答えに突拍子もない解答をしてしましました。

また、見直ししている時に、下手な考え休むに似たりという感じで、直感を信じず、3問ほど間違ってしまいました。

そのため、合格できるか心配でした。

ダイエット検定2級合格証

1級の方は、予想していた問題が出題されたので、解答する時間はぎりぎりでしたが、大丈夫ではないかと思っていました。

あまり見直す時間がなかったのもよかったかもしれません。

2級が合格しないと1級は合格できません。

ダイエット検定1級合格証

だから、両方とも合格できてとてもうれしいです。

いいクリスマスプレゼントでした。

ダブル忘年会

12月17日(土)は本多聰子先生主催の日本メンタルケア(有)教育サポートクラブの第7期カウンセラー養成研究コース修了式&合同年末パーティーに参加してきました。

この研究コースで一昨年から年に1回、外部講師という形で“心と体のアンチエイジング”についての講義をしています。

心療内科の濱田先生が2年前に講演会をされた際に本多先生とは出会いました。

もう一人僕と仲の良い市内で開業している濱岡先生の4人とも濱田先生の気学でいうと“一白水星”になるということで盛り上がり、その後に食事会をして仲良くなりました。

久しぶりに“友人達”と話をしました。

パーティには今期の卒業生やOBの方、内部&外部講師を含め30人くらいの参加でした。

始めに本多先生のご挨拶がありました。

本多先生と

そして修了者の方に終了書の授与があり、それぞれの方のスピーチがありました。

そして、懇親会が始まり、皆さんと話をしたり、記念撮影をしたりしました。

受講生達と)

途中で、講師陣のスピーチがありました。

外部講師陣

僕は「資格を取ってレベルアップさせて、自分を進化させるとまた次の世界、出会いがあります」といった旨の話をしました。

一言挨拶です

最後に参加者全員での記念撮影をしました。

全員集合写真

いろんな方との出会いがあり、とても楽しかったです。


実はこの日はもう一つ忘年会がありました。

大学の同級生2人(留美ちゃんと赤嶺)とのです。

この3人で飲み会をするのは初めてでした。

赤嶺とは一緒にサッカーをやっていたことがあり、大親友になってしまいました。

また、留美ちゃんは出席名簿の順番が前後でしたが、大学時代は普通の会話しかしたことがなく、お酒を飲みながら話をしたことは初めてで、とても楽しい方でした。

3人ともサッカーが大好きで、トヨタカップのことで盛り上がりました。

留美ちゃんは今回のトヨタカップのマフラーをネットで購入し、巻いてきました。

その後も、いろんな話で盛り上がり、気づくと0時30分を回っていました。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

久しぶりの午前様でした。


とても楽しいダブル忘年会でした。

オゾン療法(血液クレンジング療法)

皆さん、オゾン療法(血液クレンジング療法)って知っていますか?

僕は今年の6月に日本胎盤臨床研究会に参加した際に、隣に座られた久留米で開業されている先生からオゾン療法(血液クレンジング療法)と日本酸化療法研究会のことを教えていただきました。

酸化療法とは「少量の酸化ストレスを与えることで、体が自前で持つ抗酸化力を強化できる」という治療法です。

オゾン療法(血液クレンジング療法)も、酸化療法のひとつです。

具体的には、100cc程度の血液を採血してオゾンによる処理を施した後、20~30分かけてオゾンにより活性化された血液を体内に戻します。

すると、体全体の血液の流れがよくなり、酸素と栄養分が隅々まで行きわたり、体全体の活性化を実現、免疫力の向上や、消炎・鎮痛などの効果が得られ、健康を増進することになります。

来年1月よりオゾン療法(血液クレンジング療法)を始めるために、先週7日水曜日に福岡のおおた内科消化器科クリニック(大田和弘院長)に事務長と看護師と3名で行き、指導を受け、また実際に体験をしてきました。

実際にオゾン療法を受けてみると、すぐに体が温かくなってきました。

事務長は、目の奥にきらきら光る感じがあり、大田先生から「血管が拡張しているのでしょう」と言われました。

さらに、「効果は2~3日してから感じます」とも言われました。

オゾン療法は、“前期反応”と“後期反応”とがあり、人体にもたらす好作用を整理すると次の5つにまとめられます。

�抗酸化力の強化、
�全身の酸素化、
�末梢血流の増加、
�免疫機能の向上、
�細胞の活性化

です。

実際には、B型・C型肝炎、パピローマウイルス、エイズなどなどのウイルス感染、各種のがん、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患、各種の自己免疫疾患(関節リウマチなど)、慢性疲労症候群、アトピー性皮膚炎、メタボリックシンドローム、繊維筋痛症などに効果があると言われています。



オゾン療法(血液クレンジング療法)に関する詳しい情報は

きさぬきクリニックホームページ『オゾン療法(血液クレンジング)』へ


ダイエット検定試験

11月28日(日)にダイエット検定試験を受けました。

日本ダイエット健康協会主催の検定試験です。

日本ダイエット健康協会は“健康的で正しいダイエット知識の普及と発展”を目的に2008年12月に設立されました。

検定試験には1級と2級があります。

2級を合格しないと1級は受けられません。

しかし、同日両方の試験を受けることができます。

だから僕は2級と1級の検定試験を受けました。

試験勉強をしていると知識の系統だったまとめができて勉強になりました。

その中のひとつです。

糖質はまずは血液の中に血糖(グリコーゲン)という形で蓄えられ(20g)、それを超えた分は筋肉中(骨格筋)に蓄えられます(200~250g)。

それを超えると肝臓へ蓄えられ(150~200g)、これを超えた分が脂肪細胞の中に中性脂肪という形で蓄えられます。

これが太るメカニズムです。

だから、ダイエットするには糖質(炭水化物)を減らさなければなりません。 

また、タンパク質は身体の元なので普通では太りません。

そのため、ダイエットを考える時は、糖質(炭水化物)を減らし、タンパク質を摂取することをすすめています。

もうひとつは、“過度な飲酒によって体脂肪が増えるメカニズム”です。

アルコールも1gあたり7.1kcalで、糖質も含まれるため過度に飲むことによって太るのかなと思っていました。

しかし、肝臓が優先的にアルコールをアセトアルデヒドに分解することで、通常肝臓で行われるべき“グリコーゲンの貯蔵”という働きが後回しになり、食後の余った血糖が脂肪細胞に中性脂肪として蓄えられるために、太りやすくなります。

だから、お酒の飲み過ぎはいけません。

ダイエット検定試験を受けて、とても勉強になりました。

しかし、午前中1時間、午後から1時間試験のため集中したため、試験終了後はくたくたでした。

以前に他の試験を受けた時より、疲れ具合がひどかったです。

試験を受けるにも体力が必要です。

だから、みなさん、試験は若いうちに受けることをおすすめします(笑)。

強運を科学する

僕はメルマガが大好きです。

いろいろなメルマガに登録しているので、朝からたくさんのメルマガが送られてきます。その中の一つに千葉修司さんの“強運を科学する”というメルマガがあります。

その“強運を科学するセミナー”が熊本で開催されたので参加してきました。

僕は自分を高めてくれるであろうセミナーに参加することが好きです。

参加者は100名くらいで女性の方が多いようでした。

講演内容をまとめてみました。

順不同にだらだらと書き留めたまま書きます。

・進化とはその人の本質が変わること、
・感受性を高めるために一流をみる・触れる、または、自然と触れ合うことでも感受性は高まる、
・憧れ力(いいな~)、
・無知は罪、
・女性がきれいになれば、男性は元気になる、女性と男性がきれい・元気になれば、子供がきれい・元気になる、すると日本がきれい・元気になる、
・女性も経済的に自立していなければ美しいとはいえない、
・夢・志・愛は人から馬鹿にされるくらい大きい方がよい、
・実力はたかがしれている、しかし、潜在能力は大きい、
・運の大きさは感謝の大きさに比例する、
・不満体質(視点)か感謝体質(視点)のどちらか、
・感謝する仕組みを会社に入れる、
・管理しなくても働く人を採用することが大事、
・会社は儲からないと続かない、ちゃんとしたことをやれば続いていく、
・実力で生きる世界はきつく、いつかは負ける時がくるが、運で生きる世界は楽しい、楽、成果が出る、
・知恵が必要、
・アウトプットが大事、
・食べること・呼吸法・歩くことが大事、
・瞑想することも大事、笑うことは最高の瞑想である、
・感謝の大きさ=知ること×感受性→行動の量、
・僕たちは奇跡の中で生きている、
・かわいがられてなんぼ、
・感謝を習慣化するコツとして六方拝を朝か夜にやる

以上です。

千葉さんの人生に転機をもたらした言葉は「実力なんかつけずに、運をつけろ」だったそうです。

内容に少々の間違いがあるかもしれませんが、それはお許しください。

また、質問は受け付けません(笑)。

とても学びが多かったです。

セミナーの最後に北海道の一周した際の映像がありました。

樺太の電話交換士の女性のお話は涙が出ました。

僕たちが知らないことがまだまだたくさんあります。

一度っきりの人生、僕はいろいろなことを知っていきたいです。

また、1月のオートマチックセミナーに参加してきます。
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。