男も化粧!?

僕は毎日化粧をしています。

それも朝晩です。

なんて!本当です。

エンビロン”というスキンケア化粧品を使用しています。

普通の“お化粧品”ではなく、ビタミンAや3種類の抗酸化ビタミンといったビタミンC、ビタミンE、βカロチンが含まれた“機能性”化粧品です。

ビタミンAは、皮膚機能の正常化、メラニン顆粒の分配を均一にしシミを目立たせなくさせ、コラーゲン・エラスチン・ムコ多糖体の生成を促進し、肌を若返らせます。

抗酸化ビタミンは、活性酸素を抑制し、皮膚が受けるダメージを最小限にとどめます。

これらのビタミンはお互いに補完し合いながら作用するので相乗効果でより高い効果を発揮します。

以前に一緒にサッカーをしていた薬剤師のM先生が3週間前にクリニックに遊びに来られた際、「若くなりましたね」と言ってくれました。

とてもうれしかったです(笑)。

皮膚の老化は、紫外線による老化(光老化)が80%を占めます。

だから、室内での仕事の際にも日焼け止めクリームをつけています。

エンビロンの“ラドローション”という日焼け止めは、紫外線防止剤と抗酸化ビタミンが含まれます。

紫外線防止剤で表面を守り、抗酸化ビタミンで内部を守るというイメージです。

これから女性だけでなく男性も”お化粧”をして若々しくなりましょう。

分子整合栄養医学

先週末は働くビジネスマンみたいなことをしました。

土曜日夕方まで仕事をして、以前勤務していた三角町の社会福祉法人の20周年記念祝賀会に参加し、21時過ぎに新幹線で福岡に向かい、駅前のホテルに泊まり、日曜日の朝7時の飛行機に乗って東京に行き、分子整合栄養医学の講習会に参加、そして夜、福岡空港に戻り、また新幹線で熊本に帰ってきました。

とてもハードでしたが、とても充実していました。

でも最近は、“にんにく注射”をしていくと元気さが続きます。

試しにどうぞ。

ところで"分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)”とは、分子栄養学を基本とした考え方により、必要と考えられる栄養素により、疾患を改善させようという学問です。

女性の疲労・めまい・抑うつ感などの不定主訴、アレルギー・アトピー、慢性疲労、自律神経失調症・うつ病などの精神疾患、美容・健康維持・ダイエット、疾患予防におすすめです。

まず、60種類以上の詳細な血液検査をして、身体の中の症状・病気の原因や栄養状態を分子栄養学的なデータにより分析します。

それによりどういった栄養素(ビタミンB群、葉酸、ビタミンC、ナイアシン、鉄、亜鉛、たんぱく質など)が足りないかが分かります。

そして一人ひとりの状態に応じたテーラーメードサプリメント指導や食事療法などで治療します。

僕自身は特に問題ないと思っていましたが、栄養解析により、たんぱく質、鉄、ビタミンB群、亜鉛が足りていませんでした。

今の世の中、栄養は足りていても、栄養素は不足しているのですね。

こちらも、お試しあれ!

筋トレ

僕は筋トレが好きである。

と言いながらも、ここ2年くらいはほとんど行くことができていませんでした。

40歳になる頃にシニアリーグというサッカーのリーグ戦に参加するために、フィジカルで相手に負けないため、怪我をしないようにするために筋トレを始めました。

筋肉をつけるためには、3~4日に1回の筋トレがよいということでした。

それは、筋トレをすると、筋肉がダメージを受け、破壊されます。

回復しないうちにまた筋トレをすると、筋肉を傷めてしまうことがあるためです。

筋トレの前後(最低でも筋トレ後30分以内)にプロテインやアミノ酸を摂ることが大事です。

破壊された筋肉の補修をするためです。

実際に週に2回筋トレをすると、たくましくなりました。

ターミネーターのアーノルドシュワルツェネッガーみたいにはなれませんでしたが、胸が厚くなり、上腕が太くなり、腹筋が付き、そこそこむきむきになりました。

サッカーのインナーウェアーがぴちぴちになりました。

今はあの頃が懐かしいです。

でも4月以降、4回は筋トレに行くことができました。

筋トレをした後は気持ちよさが残ります。

やはり僕は筋トレが好きなようです。

トータルメディカルケア

”トータルメディカルケア”。

僕がきさぬきクリニックで提案・実践していきたい医療です。

”総合的に、医学的に、病気の治療だけでなく身体のケアをしませんか”ということです。

医者になって22年が過ぎました。

僕の専門は代謝・内分泌内科、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病や肥満症、痛風、メタボリックシンドロームなどの代謝疾患、甲状腺疾患などです。

三角町で国立病院勤務と個人クリニック勤務を含め13年間地域医療をやってきました。

自分の専門分野の病気だけでなく、呼吸器疾患、消化器疾患、循環器疾患、脳神経疾患、腎・泌尿器疾患など”なんでも内科”をやってきました。

だから、総合内科医としてある程度の病気の診断・治療はできます。

でも、病気の治療は重要ですが、”病気にならない、いつまでも元気でいたい、いつまでも若々しくしたい”、ということが実践できたらなと思いました。

また、”病気になってから治すより、病気にならないことを考えませんか”ということを提案できたらなと思いました。

唐突ですが、僕はサッカーが大好きです。

大好きな選手は、ヨハンクライフです。

1974年の西ドイツワールドカップでオランダ代表を準優勝に導いた選手で、トータルフットボールというその当時斬新なシステムをミケルス・オランダ代表監督とともに実践した選手です。

トータルフットボールとは簡単に言うと”全員攻撃、全員守備。一人の選手が攻撃もすれば守備もできる。マルチなサッカーができる”といった感じです。

その”トータルフットボール”という考えが好きでした。

だから、”トータルメディカルケア”なんです。



ザ・ビートルズ

クリニックでの仕事を終えた後、頭を整理するために少しの間ぼーっとした時間を過ごして帰る。

その時に最近USENで”ザ・ビートルズ”を聞くことが多い。

ザ・ビートルズ、英語では”THE BEATLES”である。これは知る人は知っていると思うが、”BEETLES”(カブトムシ)と”BEAT”(ビート、音)との造語である。

なぜか僕の中学校でビートルズが流行った。

その時にザ・ビートルズの曲を僕は聴きまくった。

例えば、シングルレコード(まだその当時はCDではなく)の”レット・イット・ビー”を買い、B面の”ユー・ノウ・マイ・ネイム”という曲まで聴いた。

まわりの友達が知らない曲を聴くことが、自慢だったからだ。

初めて買ったザ・ビートルズのレコードは”オールディーズ”という初期のベスト盤のようなLPレコードだった。次に”サージェント・ペパーズ・ロンリー・クラブ・バンド”、そして、”ホワイト・アルバム”を買った。

ザ・ビートルズのメンバーの中で初めはポールマッカートニーが好きになり、そしてジョンレノンが好きになった。

そのジョンレノンは僕が高校3年の12月8日に亡くなった。40歳での早すぎる死だった。

ザ・ビートルズというだけでいろいろなことが思い出される。

今でもビートルズの曲を聴くとその頃を思い出し懐かしくなる。

そして、心が落ち着いてくる。



汗かき

久しぶりに雨が続きます。
湿気が多くじめじめしています。

さわやかに見えても汗かきの僕は(笑)、これからが厳しい季節になります。

周りの方からは「汗をかくことは新陳代謝がいいのでうらやましい」と言われますが、確かに代謝がよくなれば、また、ダイエットの際に、ただ食事制限をしてダイエットするよりは、たんぱく質(プロテイン)を摂り筋肉をつけながらダイエットすると基礎代謝量が上がれば太りにくくはなります。

また、「汗かきの人は太りにくいからいいですね」と言われますが、太っている人でも汗かきの人がいますので、汗をかくだけではやせないのかもしれません。

僕は汗かきで得をしたと思うことはほとんどありません。

服の汗じみが目立つので、Tシャツやボロシャツはホワイト系に限られますし、人前で話をする際にすぐに汗が出るのではずかしいです。

昨年の夏、奈良に友人らと神社探訪をしに行った時には汗をかきすぎて、2回ほどお色直し(服を着替えただけですが)をして、大変でした。ほとんど汗をかかない友人は1日さわやかな感じでした。

僕の母親も汗かきで「汗をかかない薬はないのかな」と言っていましたが、僕が探す範囲では汗をかかない薬はないようです。

しかし、ほとんど汗をかかない僕のかみさんは熱がこもって体がきつい時もあり、汗をかくことがうらやましく思う時もあるそうです。

そう考えると、僕たちはないものねだりなのかもしれませんね。

”過ぎたるはなお及ばざるがごとし”という昔からの格言がありますが、何事もほどほどがいいのでしょう。

はじめてのブログ

はじめまして。院長の木佐貫浩一です。

昨年7月からの”だらだら”開業から、今年1月25日より約1ケ月かけて院内全面改築をし、2月1日付でクリニック名を”シャワー通り きさぬきクリニック”に変更し、3月27日の内覧会に友人、知り合いの先生、諸先輩に来ていただき、そして、4月1日正式開院(運よく大安吉日でした(笑))しました。

本当に手作りで作ったようなクリニックです。

そして、本当にいろいろな方(特に思わぬ方からと言えば、5年前に金沢へ転勤になった一緒にサッカーをしていたT薬品のKさん、昨年O薬品を退職して福岡に戻られたNさん、またまた、在任中に大変お世話になった元マツダのUさんなど)から、お花や観葉植物などをたくさん沢山いただきました。

感謝感謝です。

思えば開業しようと考えて約10年。いろいろ挫折もありましたが、思えば叶うもので、ちょうど時が来たのでしょう、いろんな方に助けていただき、開業することができました。

本当に感謝感謝です。

僕が開業しようと思った動機は、①やりたい医療を自分の裁量の中で実践することができる、②自分の医療が直接知り合いに役立つことができる、③医療を通じて人を楽しませ、喜ばせることができる、といったことです。

やっと第1歩を踏み出すことができました。

楽しく医療を実践していきたいと思っています。

では、皆さまこれから宜しくお願い致しま~す。
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive