スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成28年熊本地震後2週間が過ぎました

平成28年熊本地震が起きて2週間が過ぎました。

もう2週間が過ぎたのか、まだ2週間なのかは分かりません。

まだまだ余震が続くため(震度1以上が1000回を超えました)気持ちは落ち着いていませんが、生活は少しずつ落ち着きを取り戻しています。

おかげさまでとクリニックは、室内はごちゃごちゃでしたが、建物自体はほぼ大丈夫でした。

事務室

診察室

入口

院長室

そして、スタッフの頑張りで早めに片付けが済み、4月16日からは診療をすることができました。

今、仕事ができていることは本当にありがたいことです。

断水は長かったので、今でも朝から水道の蛇口から水が出るのをみるとホッとしてしまいます。

14日の1回目の震度7の地震の後は、「ひどい地震だったけど、これだけですんでよかったね」という感じでしたが、16日の深夜の2度目の震度7の地震(僕はどちらも本震と考えていますが)でかなりの被害となりました。

崩壊した建物も1度目はどうにか耐えられたのに、2回目の地震には耐えられなかったそうです。

熊本市内も場所、土地の状況、建物の作り方などで結構被害がありました。

しかし、震源地の益城町、阿蘇方面、御船町などはかなりの被害があり、建物崩壊、道路のうねりなど、そして、まだ沢山の方が避難生活をおくられています。

空港、新幹線、高速道路が復旧したので(まだ完全ではありませんが)、物資は徐々に足りてくるでしょうが、住む場所がなくなった方たちが空き住宅が限られているためどうなるのかが心配です。

これから転居、転勤、転校などが増えてくのでしょうね。

誰かが言っていた、“生きてるだけで丸儲け”という気持ちは昔から思っていましたが、今回の地震でよりそう思うようになりました。

そして、“今やれることを、あと延ばしせずにやれる範囲でやっておく”ことは大事なことだと強く思いました。
スポンサーサイト

マイアーチストスクール初話会&感動力養成セミナー

僕が通っているマイアーティストスクールというスピーチ力を高める講座の新年の「初話会」が1月6日(水)にありました。

その日は、昨年末のスピーチコンテストで優勝者、準優勝者計4名のスピーチがありました。

やはり優勝するだけあって、スピーチはさすがでした。

僕も新年の抱負を話しました。

また、1月10日(日)には高光りょうすけ先生の「2016年新春 感動力養成セミナー」に参加しました。

この「感動力養成セミナー」の目的としては

1.2016年を感動元年にするための目標を明確にする

2.力強く生きる覚悟を決める

3.感動を届ける響育力をマスターする

です。

内容は詳しく書けませんが、第一楽章として、「夢実現感動力」、第二楽章として「感動営業力」、第三楽章として、「感動響育力」の3つの講義がありました。

4時間程度の短時間には中身が濃くて、講義についていくのがやっとでした。

先生のフィロソフィのひとつとして、

講演は芸術であることを認識し、生きる勇気と夢と感動を与えられる人間へ進歩・成長・発展を繰り返し続ける。

というものがあります。

僕もスピーチにて人を感動させられるように学んでいきたいと思います。


追伸

高光りょうすけ先生の影響で最近クラッシック音楽を聴くようになりました。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年もいつもお世話になっています健軍神社に初詣に行きました(12月31日にも昨年のお礼のために参りました)。

天気が良かったので、1月1日夕方でも参拝者が並んでいました。

お御籤は、吉でした。

2日は開業してから参っている熊本城稲荷神社に行きました。

熊本城稲荷神社


ここには知恵の輪くぐりがあり、水みくじもあり、いろいろ楽しい神社です。

知恵の輪くぐり


僕も賢くなるために子供と一緒にくぐりました。

ここでのお御籤は大吉でした。

そして隣にある熊本大神宮にも参りました。

熊本大神宮


ここは熊本のお伊勢さまと書いてありました。

お御籤は大吉でした。

最後に3日にはきさぬきクリニックの近くの別所琴平神社(こんぴらさん)に参りました。

古くから「一に清正公、二に高橋稲荷、三が別所のこんぴらさん」といわれています。

ここでもお御籤は大吉でした。

今年もしっかり仕事に精進したいと思います。


追伸

初日の出は見に行くことができませんでしたが、初日の入りは見ました。

初日の入り


仕事始めの朝の綺麗な空です。

仕事始めの朝の空

久しぶりの映画鑑賞!!

12月20日(日)は息子を誘って、久しぶりに映画を観に行きました。

“杉原千畝 スギハラチウネ”です。

感動しました。

杉原千畝さんは、第二次世界大戦時に、リトアニアでユダヤ人1500名を含めて、2100名ほどに“命のビザ”を発行した外交官です。

ご自身、ご家族にも危害が及ぶ可能性がありながら、ビザを出し続けたことは、本当に勇気ある行為です。

その当時、家族まで含めると、6000人ほどを助けたことになります。

その子孫たちは世界各地に散らばっていて、その関係者は約40000人位になるそうです。

その杉原千畝さんは、1947年に帰国後は外務省を退職という形になりました。

しかし、その行為が認められ、1969年にイスラエル政府から勲章を受けられ、1985年にはイスラエル政府から日本人でただ一人「諸国民の中の正義の人」として表彰され、1991年にはリトアニアの首都にある通りの一つに「スギハラ通り」と名前が付けられたそうです。

その杉原千畝さんは、86歳まで生きられました。

日本では2000年、死後14年、生誕100年という節目に政府から公式の名誉回復がなされました。

日本には本当に素晴らしき人がいますね。

移転して2年が経ちました

11月1日でシャワー通りから現在の本荘町湯らっくす隣に移転して2年が経ちました。

そのため、2階の工事をしていなかった部分を改築しました。

糖尿病教室をするために、キッチンなどを作り、講演ができるようにスクリーンをつけました。

セミナー室


いい感じになりました。

きさぬきクリニックではスタッフの医療知識を高めるために、製薬メーカーの方に薬の説明会や医療安全についての講義をしてもらっています。

今までは、待合室でやってもらっていましたが、これからは2階の“セミナー室”でやってもろうと思っています。

その第1回目はイーライリリーの栗山さんでした。

初講義


人数は12~16名位の広さですが、これからはいろんなセミナーを開催したいと考えています。


追伸

11月2日に2周年のお祝い会を開催しました。

クリニックの飲み会はとても賑やかなので、まわりのために個室でないといけません。

食事会


今回も楽しい食事会でした。

院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。