初めての生のクラシックコンサートです

5月17日(水)の夜、熊本県立劇場でクラシックのコンサートを聴きに行きました。

ヴァイオリ二ストの諏訪内晶子さんとサロネン氏指揮フィルハーモニー管弦楽団が演奏されました。

このコンサートは鶴屋創業65周年、熊本県立劇場開館35周年共同企画で熊本地震復興支援チャリティーコンサートでした。

第1部で、諏訪内晶子さんがメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾き始めた時には何故か涙が出てきました。

諏訪内さんは楽譜を見ずに弾いていて、流石だと思いました。

そしてフィルハーモニー管弦楽団方達は諏訪内さんを目立たせる、黒子に徹する様な感じで楽器を弾いていた印象がありました。

第2部はベートーヴェンの交響曲第7番の演奏で、サロネン氏の指揮の元、フィルハーモニー管弦楽団のメンバーはとても生き生きと楽しそうに、そしてひとつのチームとしてまとまって演奏しているのを聴くと、こちらは涙ではなく"心の底"からの感動が湧いてきました。

初めてにして、とても感動できるコンサートを聴けたのは本当に有難かったです。

また機会を作ってコンサートに行こうと思います!

追伸

僕のチケットの番号は写真の通り、1階席 11列1番 1階1扉、初めて(1回目)の生のクラシックコンサートと"1"尽くしで、最高にいい(11)日でした\(^o^)/

熊本5クラブ合同例会に参加しました。

5月13日(土)は熊本ひがし&阿蘇&熊本ヤング&熊本スピリット&熊本水前寺クラブ(6月チャーター予定)の5クラブ合同例会が開催されました。

これらの4クラブは熊本ひがしクラブがホストになり、チャーターさせた子クラブです。

親クラブが子クラブを作り、そしてその子クラブがさらに孫クラブを作るということはよくありますが、ひとつのクラブが4つも新しいクラブを作るということは凄いことです。

僕は九州部EMC主査として参加しました。

ちょうど熊本スピリットクラブの入会式がありました。

今期九州部はメンバー300名以上を目指していますが、新クラブのチャーターもあり、まだ安心はできませんが、どうにか達成しそうです。

卓話として「熊本地震あの時、そしてこれから」という題で宮﨑九州部部長・水前寺クラブ会長がDVDで映像を流しました。

益城町の地震の直後の映像が流れましたが、"あの頃"の事を思い出しました。

復興はまだまだ途中で、息の長い支援が必要だということを再認識しました。

今夜はこの5クラブ合同例会に参加できたことをうれしく思います\(^o^)/

そして九州部の役員も6月末までなので、最期までやり遂げます!!

糖質制限

4月1日は糖質制限セミナーを日本全国で開催している宮崎の亀川先生と東京巣鴨でオステオパシー治療整室の川村先生とのコラボのセミナーが熊本でありました。

僕が熊本で糖質制限によるメタボ肥満外来、糖尿病外来をしているため、その2週間前位にフェイスブックで知り合いになりました。

セミナーには仕事だったため参加できませんでしたが、懇親会 にお誘いがあったので喜んで参加しました。

セミナーも盛況だったようです。

懇親会はやはりしゃぶしゃぶのお店でありました。

食後に皆んなで血糖値を測りましたが、僕の血糖値は90台でした(糖質を取らなければ血糖値も上がりませんでした)。

糖質制限を極めている先生方達の話はとても楽しく、刺激になりました。

僕は患者さんの状況に合わせて、緩やかな糖質制限から厳格な糖質制限の指導をしていますが、先生方のように糖質制限を極められる姿勢は素晴らしいと思いました。

今後も連携を取っていきたいと思います!

糖質制限セミナー先生達と一緒

ワイズメンズクラブの役員になりました

7月からワイズメンズクラブの九州部のEMC事業主査になりました。

7月の話ですが、7月3日(日)は九州部評議会で僕が主催でEMCシンポジウムを開催しました。

EMCとは、Extention(新クラブ設立)、Membership(仲間作り、メンバー増強とドロップアウト防止)、Conservation(クラブの存続、楽しいクラブ活動)ということです。

やむなき事情でワイズメンズクラブを辞めなければならない方もいるので、新しいメンバーを入会させる必要があります。

そうしないとクラブは衰退してしまうからです。

当日は西日本区のEMC事業主任の山藤ワイズにわざわざ京都から来て頂き講演をしていただきました。

その後で僕も"熊本地震後のEMC"について、すなはち"できるだけ退会を減らすこと"について話をしました。

そのためには、まずはクラブ活動を楽しくすることが大事で、それは毎月の例会を魅力あるものにすることから始まると思います。

講演後はある方から"ナイスプレゼン"と言われました\(^o^)/

懇親会ではまわりのワイズメンと話をして、熊本みなみクラブのみんなと記念撮影をしました。

熊本ひがしクラブ、熊本にしクラブのキックオフ例会には参加できませんでしたが、熊本むさしクラブのキックオフ例会には参加できました。

むさしクラブの来海会長とはスピーチのトレーニングでご一緒させて頂いています。

そのお師匠である高光りょうすけ先生の卓話はとてもよかったです(^_^)。

むさしクラブでも近い時期に1名入会するようです\(^o^)/

7月12日(火)はジェーンズクラブで入会式があり、主査立会いという初仕事をしました。

そして、僕が所属している熊本みなみクラブ、8月にはにしクラブ、ひがしクラブ入会式がありました。

いい感じです\(^o^)/

慰労会

昨日5月28日(土)の夜に博多で中島こうや先生、清水さんらが僕の慰労会を開催してくれました。

中島こうや先生は福岡でアンチエイジング医療を実践している先生で、5年前位に栄養療法のセミナーなどで知り合いになり仲良くさせて頂いています。

僕が最も尊敬している先生です。

こうや先生は定期的に福岡で勉強会を開催されていて、今回も本来なら宮澤先生による栄養療法の講義に、僕も初めての参加するつもりでした。

しかし、平成28年熊本地震が起きて、先生らが僕のことを気にして頂き、"慰労会"という形になりました。

そのため、僕は"今回の震災で経験したこと"を食事をしながら話をしました。

その他にも栄養療法やオゾン療法、高濃度ビタミンC点滴療法等での実際のやり方、困ったことなど普段は聞けない話を聞くことができました。

最後には皆さんから温かいお言葉が書かれた色紙をいただきました。
院長ブログ
スタッフブログ
Category
New
Archive